HOME>記事一覧>自由な発想でつくる家の特徴はお金のかけ方

既存するものを選ばない

一軒家

奈良での不動産業者への相談内容は、建売物件の購入というように、既存の建物から選ぶ内容です。しかし、予算のかけ方次第で一千万円台からの注文住宅も建築できるために、新築・中古のどちらにおいても、なかなか売却する家主は少ないようです。

愛着を生む

家族

お気に入りやこだわり、これらを外壁から屋根、窓や床にまで反映させられるため、注文住宅のほうが、建売住宅よりも愛着も生まれるから奈良でも人気なのでしょう。また、本体価格も気になるもので、住宅ローンのかけ方にも適齢期があります。

お金をかけられる

奈良の注文住宅を実際に建てた人の多くは、20代後半から30代前半と言う若年層です。金利上昇という加齢に負けないよう、借り換えも検討しやすい年代なのです。注文住宅では資金計画が要、この年代ならば親からの援助もあり、木材・タイルなどの材料からこだわり、さらには、流行りの輸入家具やオーダー家具を採用する、そうしたお金のかけ方をしています。

都会を意識している

一方、奈良の注文住宅を30代以降で建てる場合には、夫婦ペアローンを組むケースが多いようです。共働きにより、負担軽減がウリのプランです。こうした共働き夫婦は、立地にこだわるため、都会的な暮らしに憧れる傾向にあり、物を見せない収納、設備機器、こうした機能性を盛り込んでいます。照明や仕上げ材などの付加価値工事や、工法は都会的を意識、重量鉄骨ラーメン構造です。

広告募集中